僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】

☆第4クォーター☆ /第5話 約束の行方


 ◆◆◆


「司先輩!!」


 F大との試合を終え、グラウンド横の広場に移動してやっと腰を下ろした時。平川が氷の入ったビニール袋を持ち、駆け寄ってきた。


「お疲れ様でした。テーピング外しますか?」

「あぁ」

 平川が地面に膝をつき、強い痛みのある足首を気遣いながらテーピングをはがしていく。

 腫れあがった足首を見て一瞬辛そうに目を細め、そっと氷を押し当てた。


「先輩……めちゃくちゃかっこよかったです。ありがとうございました」

 平川が少し照れたような笑顔で見上げてくる。

「お前も、お疲れさま」

 そう答えると、本当に嬉しそうに微笑んだ。


0
  • しおりをはさむ
  • 191
  • 502
/ 251ページ
このページを編集する