神様への質問【完】

神様への質問 /17 シンの話


「ただいま」


 10日ぶりのお父さんの声が玄関から響く。


「お帰りなさい! あ、お姉ちゃんも一緒だったんだ」


 エプロン姿のまま出迎えにいくと、靴を脱いでいるお父さんの後ろにお姉ちゃんも立っていた。


「お帰り! 沙良」


「ちゃんと無事に戻ってきたな」


 二人がホッとしたような笑顔を見せる。


「うん。毎日電話をくれてありがとう。心配かけてごめんね?」


 お父さんの手土産を受け取り、リビングへと向かった。




0
  • しおりをはさむ
  • 131
  • 505
/ 127ページ
このページを編集する