僕らアメフト同好会 短編集【完】

短編集 /第7話 恋愛相談

前回のお話の続き、司が突然帰ってきた日の夜の飲み会話です。
小太郎視点、香奈視点。



(小太郎視点)


「ちわっす」

「お疲れ様です」

「おう」

 大学近くの居酒屋『五郎』。

 座敷に上がってきた中野先輩ほか4年の幹部に気付き、部員たちが一斉に声を上げる。


「小太郎、悪かったな。金曜だから店探すのも大変だっただろう?」

「いえ、大丈夫です」

「司先輩は?」

「もうすぐだと思いますよ。香奈ちゃんの部屋に荷物を置いてから来るって言っていましたから」


 香奈ちゃんが東京から戻って、約一週間。

 色々と心配なことはあったものの、急遽帰省してきた司先輩のおかげで香奈ちゃんにもいつもの笑顔が戻り、久しぶりの再会を祝って今日はみんなで飲むことになっている。

 参加者は4年の主将、副将等幹部にRBメンバー全員。参加を直訴してきた雄大らと司先輩に興味津々の新入部員が数名。それに司先輩と香奈ちゃんを合わせた計20名ほど。

0
  • しおりをはさむ
  • 45
  • 494
/ 234ページ
このページを編集する