隣のおじさんに狙われてまして…



代わり映えのない普通の日々に刺激を求めるのは年齢関係なく…って思う。


でも刺激を求めたところで何をしたらいいのかわかんない人間だっている。


それがあたしだ。


「愛人、掃除くらいしろよ。何この部屋。汚すぎだろ。」

「おじさんまた不法侵入だし〜っ。たまの休みくらいゴロゴロさせてよ〜っ!」


今日も今日とて隣のおじさんはあたしの部屋に当たり前に来てズケズケと説教するんだ。


こんな毎日じゃなくって、ドラマみたいにドキドキハラハラしてみたい。


そんなことをもう何十年と思っているあたしはお子様なんだろうさ。


だけど乙女心なんてそんなもんでしょ?


0
  • しおりをはさむ
  • 295
  • 16534
/ 541ページ
このページを編集する