Caramel Praline

3










暖かく優しい太陽の日の光が満ちる、麗らかな朝







ーーーとは言いがたい凍える寒さの中のっそりと目を開けた








…ああ、私としたことが





鳴るまであと30分も猶予がある目覚まし時計をみてため息がでる








昨日の出来事が濃すぎてかいつになく早起きしてしまった




しかもすっかり眠気が失せてる、スッキリシャッキリだ






早寝早起き絶対反対二度寝万歳がモットーの私が!!





不覚…!!









悔しさを胸にまだベッドの中でうだうだしながら思い出す





……昨日の出来事、全部現実なんだよね








思い返すのは大半姫のこと




銀龍のアジトに姫が総長と入っていったのを見たのも、


その後総長を足蹴にしてるのを見たのも、


銀龍をボコボコにしたといってたのも、


背後に獣が見えたのも







その他諸々について一方的に内緒にするようお願い()されたのも








あまりに濃すぎて脳の処理がまだ追い付いてない








…ん?なんかそれよりずっと前に何かあったような…




…なんだっけ…



そういえば私はなんであんなとこにいた…?










…あ!!スパイ!!














0
  • しおりをはさむ
  • 40
  • 12
/ 214ページ
このページを編集する