【挿絵付き】ぼっちイズム!(上)【完】

ほやざ
SF・ファンタジー 239ページ(完結) 93950字 更新日 2018/02/04 読者 2620人 公開 0 0

※2013/8/30連載終了



(↑クリックで拡大)
少し変わった話をしようと思う。
恐らく、こう言う話は誰もが異次元だとか、○○萌え~な話をしていれば、少しは耳にする話だろう。
だから僕は、あまり詳しく話そうとは思わない。
掻い摘んで話す。と言う奴をしようと思う。

まず手始めに、全ての事の発端とも言えよう一人の少女。
表裏一体にして表裏二体。
僕と全く、寸分違わず、狂いなく同一人物である、"荒川 縁"について語ることで、この物語を始めようと思う。

最初に言っておこう。この物語に、主人公と言える主人公は、取り立てていないことを。
誰もが主人公になり得るだけの素質を持ち、物語を持ち、ただ、偶々、偶然、不運に僕が目をつけられただけの、それだけの話であることを、言っておく。

そして、今回の話は、三つの巻で構成される内の、序章だと記そう。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 6
  • 11
このページを編集する