Reira

Hina
恋愛 26ページ(連載中) 6740字 更新日 2019/05/15 読者 1205人 公開 0 0





16歳の冬、私はもう一つの名前を持った。


孤独に苛まれていた私が輝ける最後の場所───…


そう思った。


誰よりも輝いて必要とされたいと思っていた私に一筋の光が見えたんだ。


シンデレラになれない私にガラスの靴なんていらない。


ねぇ、そうでしょ??


孤独の先に彼女が見たものとは―――

































※1.この作品中では未成年の飲酒・喫煙等の場面がありますが、未成年の飲酒・喫煙は犯罪です。
※2.少しの実話と経験を元にフィクションとして書いています。誹謗・中傷の方はお控えください。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 11
  • 3
このページを編集する