甘いカラダ 【完】

lesson.2 /小悪魔くん



司に続いて屋敷に入ると、すぐ目に飛び込んできたのはお花畑全開ムード。


「あ~!星羅お姉ちゃ~ん!おかえり~」


キラキラと大きな瞳を輝かせて、怜央くんがはしゃぐ。


うわー。

今日も蝶々が飛んでいそうな、おめでたいテンションだな、おい。


怜央くんはパタパタと駆け寄ってきて、若干倒れ込みそうな勢いでバフっとアタシに抱きついた。


「た……ただいま、怜央くん」


「わ~。星羅お姉ちゃんいい匂い~。柔らか~い」


無邪気に抱きついてきたまではいいんだけど……。


怜央くんはアタシの胸に顔をうずめて、すりすりしてる。


すりすりがむにゅむにゅになって。


……ん?


むにゅむにゅむにゅむにゅむにゅ……。


…………んん?



これは無邪気なのか?


それとも……?


むにゅむにゅむにゅむにゅむにゅ……。


…………んんん?






0
  • しおりをはさむ
  • 3364
  • 2928
/ 428ページ
このページを編集する