甘いカラダ 【完】

lesson.3 /先生と生徒


2時間目が終わった休み時間、ほかの教室に遊びに行っていた沙耶が、顔面崩壊レベルの笑顔でアタシに突撃してきた。



「ちょっと!今隣のクラスの子から聞いたんだけど、化学の青田先生がいきなり有給とったらしくて、代わりに臨時教師が来たみたいなんだけど……」


沙耶はそこで一度言葉を切り、勿体付けるかのように口をパクパク動かしている。


「なんだよムカつくな」


「気になる?」


「アタシが笑ってるうちに言っときなよ」


「もう笑ってないじゃん!わわっ。ごめんごめん!言うからっ!」


どうせくだらないことなんだろうと、じゃがりこに手を伸ばしかけたら。


「ちょーーーーーーーーーーーイケメンなんだってぇ~~~~~~~~」


その瞬間、バシっ!とアタシのデコピンが沙耶に炸裂した。


「ぎゃ~!痛い~!暴力反対!」



0
  • しおりをはさむ
  • 3364
  • 2923
/ 428ページ
このページを編集する