甘いカラダ 【完】

lesson.3 /放課後パニック

「あ~あ。気になって今日眠れない~」


ずっとぐだぐだ言いながらついてくる沙耶をシカトしつつ、玄関に向かう。


「そんなに知りたきゃ自分で聞けよ」


「だって~。かっこよすぎて喋れないんだも~ん」


なんだそれ。


沙耶は、アタシが昼休み中に化学準備室に行った時、「如月先生」に年齢と彼女の有無を聞いてこなかったことをあれからずーとぐちぐち言ってる。


もう放課後なんですけど。


まぁ、年齢はアタシも気になるところだけど……。


年上なんだろうけどさ。


彼女は……どうだっていい、そんなこと。


でも、彼女がいるのにアタシにあんなことしてるんだったら、人間のクズだし女の敵。


それを考え出すと、胸の奥がチリチリしてくる。


ムカつくから頭から抜いて、玄関に向かった。


今日こそ、如月が車で待ってる。


0
  • しおりをはさむ
  • 3361
  • 2894
/ 428ページ
このページを編集する