甘いカラダ 【完】

lesson.4 /御曹司たちの過去

「僕と司兄ちゃんは、もちろんこの西園寺家のお屋敷に入れるわけがなくて、生まれた時からお母さんと3人で暮らしてたんだ。
お父さんが用意した別の家でね」

怜央くんは、珍しく静かに話し始めた。


「でも僕が5歳のとき、西園寺家から使いの人が来たんだ。 そして司お兄ちゃんと僕をお母さんから離して、無理やりこの屋敷に連れて行った。
武道の稽古をさせるために」


怜央くんが5歳ってことは、司は7歳か。
アタシが崇さんに会った年じゃん!


二人がまだそんな小さい頃に、お母さんと引き離されたんだ。


アタシもその年にお母さんと離別したけど、アタシの場合、お母さんを憎んでいたからかえって離れられて嬉しかったけど。

二人は……とくに怜央くんは寂しかっただろうな。


0
  • しおりをはさむ
  • 3364
  • 2916
/ 428ページ
このページを編集する