甘いカラダ 【完】

lesson.4 /鬼の目にも涙

怜央くんの姿がドアの向こうに消えたあと、アタシはベッドに寝っ転がっていた。


衝撃の事実にやや頭が混乱している。


怜央くんを想う司。


司を想う怜央くん。


兄弟愛なんて陳腐な言葉で表せないほどの想いに、アタシは愕然としていた。


それに、崇さんもきっと辛い思いをしているんだろうな。


優しい崇さんのことだから、自分に武道のセンスがないことを責めたり……。


司と怜央くんをお母さんから離したことは、誰の指示かはわからない。


きっと、先代の当主である3人のお父さんなんだろうけど。


3兄弟それぞれが、辛い思いを抱えているんだと思う。


でも、世界有数の武道の名家、西園寺家の存続がかかってることだから、アタシみたいな庶民の価値観とはまるで違う世界なんだろうな。



そう思うと、誰が悪いとか、この現状をとやかくは言えないなって思ったり。



0
  • しおりをはさむ
  • 3364
  • 2923
/ 428ページ
このページを編集する