甘いカラダ 【完】

lesson.5 /再会

面会は、ドラマで見るような鉄格子を隔てて……と思ったら、刑務所と少年院は違うらしい。


小さな部屋で待つように言われた。


そこには自販機と、机と椅子、奥には教官が座るらしい机と椅子があるだけの質素な部屋だった。


アタシの勝手なイメージと違って、薄暗くもなく、ジメジメもしていない。


ただ、この部屋に入る前にチラっと見えた、これ以上は一般人は入れない場所からは、やはり今まで感じたことのない独特の雰囲気が伝わってきた。


この奥で、潤は更生しながら生活をしているのか。


小さい頃の無邪気で愛くるしい潤しか浮かんでこなくて、そのギャップがどうしても埋められない。



0
  • しおりをはさむ
  • 3361
  • 2894
/ 428ページ
このページを編集する