甘いカラダ 【完】

lesson.5 /もうひとつの再会

メガネを取って白衣を脱いだスーツ姿の如月と、車に揺られる。


細身のスーツのジャケットを脱いだ如月は、ボタンダウンのドレスシャツ一枚で、執事服や白衣の時と雰囲気が違ってなぜかドキドキする。


少しおしゃれなデザインのそのスーツは、普通に街中でも見かけそうなのに、やはり着る人によって左右されるのか、如月はとても一般人には見えない。


整った顔と、気品さえ漂う落ち着いた雰囲気がそう思わせるのかもしれない。


綺麗で、品もあって、紳士で……。


でも、さっき目撃した「手づくり弁当を簡単に破棄してた如月」が脳裏から離れない。


やっぱりこいつは冷徹な男なんだ。



0
  • しおりをはさむ
  • 3364
  • 2928
/ 428ページ
このページを編集する