甘いカラダ 【完】

lesson.5 /謎

屋敷に戻ると、司専用車がすでに停まっていた。

司、もう帰ってきてるんだ。

意外と時間くっちゃったもんな。


あ、そういやアタシのカバン。

沙耶のやつ、よろこんで司に渡してくれたんだろうけど。


司から受け取らなきゃと思いながら、ようやく覚えた司の部屋のドアをノックする。



「はい」

「あー……アタシ」


ガチャとドアを開けて顔を覗かせた司は、案の定不機嫌極まりなかった。


「アタシのカバン、沙耶から預かってくれてる?」


ちょっと愛想笑いなんて浮かべちゃいながらそう言ったアタシの腕を掴んで、司は無言で強引にアタシを部屋に引き入れた。



「ちょっ……そんなに怒ることじゃねぇだろ。そもそも司が勝手に迎えに来てんじゃん」


いつもの如く迎えに来たのにアタシは早退していて、おまけにカバンまで任されたら、俺様なこいつは怒るだろうなーとは思ってたけど。


そんなに怒らなくたっていいじゃん。



「早退までして、如月とどこ行ってたんだよ」


「別にいいじゃん。やましいところじゃねぇよ」








0
  • しおりをはさむ
  • 3361
  • 2894
/ 428ページ
このページを編集する