甘いカラダ 【完】

lesson.1 /新しい家族


「でっけ~……」


見上げた門の高さに思わず声が漏れる。



首が痛くなるほど高くそびえ立つ門と塀。


その奥には、見たこともないような立派な屋敷が嫌でも目に飛び込んでくる。


アパートを後にして1時間半。


こういう場所に、自分がそぐわないのはよくわかっている。



でも、仕方がない。



ここしか行くあてがないんだから。



「ホームレスよりはマシか……」


慰めにそう呟いて、小さなキャリーケースを引きずりながら門をくぐった。





0
  • しおりをはさむ
  • 3361
  • 2894
/ 428ページ
このページを編集する