甘いカラダ 【完】



「それと……。司さまにはお気を付けください。近づかれないほうが賢明です」


いや、今となっては司よりアンタのほうが危険なんだけど。



「ごゆっくりお休みくださいませ。星羅お嬢様」


余裕の笑みを浮かべ一礼した如月は、ドアノブに手をかけたまま振り返った。


「星羅お嬢様をそこまで頑なにしたのは、過去の記憶なのでしょうか。
ですが……これからゆっくりと、わたくしがとろけるような甘いカラダにしてさしあげましょう」



思いもよらない如月の言葉に衝撃をうけたアタシは、「失礼いたします」とドアの向こうに消えていった残像を、いつまでも見つめていた。


如月の言葉は、アタシの心の中の開かずの間を、激しく叩いた。






0
  • しおりをはさむ
  • 3362
  • 2908
/ 428ページ
このページを編集する