異世界転生~姫の中身はおっさん~

天界―運命の子供達と魔王の物語―

王種、レイティアに乗って、天界の門をくぐるためにひたすた空を上昇した。

ラザ、イェルガ、カルの背中には天使の羽が一対ずつ生えている。

シルルアージュには、6枚の翼が。

天界への門へ到達した。

「開門!!!」

ナルドの叫びに、天使たちが驚いて天界の門を開く。

さぁ、始まる。

最後の宴だ。

運命の神とギヌスと、シルルアージュとナルドと、3人の少年の、最後の宴だ。

そうだ、晩餐会に呼ぼう。

メンディッシュは誰にしよう・・・・。


女神リラは、くすりと天界の神の塔で、ゆったりお茶をしながら微笑んだ。

女神リラを殺せば、エトラの世界は滅ぶ。運命の神の封印はもう解いた。

狂ったままのギヌスの人格も、矯正した。


さぁ、誰がおいしいかしら。

運命の神アクラシエル?

それとも、破壊神ギヌス?

人間の少年たち?ナルド?シルルアージュ?

0
  • しおりをはさむ
  • 36
  • 16
/ 489ページ
このページを編集する