異世界転生~姫の中身はおっさん~

魂の時間

「僕は運命の神・・・・汝を、エトラの世界に導こう。汝の魂を清め、汝はエトラの世界に転生する。そこで人としての生を全うし、エトラのために死ぬがいい」

おっさんは、魂の狭間でそんな声を聞いていた。

は?

エトラ?

何それ美味しい?

食べ物?

それとも不味いの?


「ふむ・・・・いずれギヌスを倒す血脈か。だが魂は洗い清めなければならない」

ごしごし洗濯して洗うの?

俺そんなに汚くないぞ。

「生まれ変わり先は・・・・おお・・・・おお、これは面白い」

俺は面白くないんですけど。

さっさと自由にしてくれませんか?

0
  • しおりをはさむ
  • 36
  • 16
/ 489ページ
このページを編集する