いつもアナタの側に居る愛しい妖精達

  /春の精 part 1



冬を目の前にして春というのも気が早いですが、冬が苦手な人は、必ず訪れる春を心に描くのもエネルギー補給になることでしょう。

寒くて冷たくて、おまけに相当気圧の低い日が続くのですから、気が滅入るのも当たり前。
そんな時は、あぁまた脳ミソがパンパンに膨らんでると思って、笑ってやりましょう!
気圧が低いと、おさえる圧力が減るので、本当に脳ミソが膨らんでくるらしいですよ。
だから、頭蓋骨を割って手術をした時、外した頭蓋骨の一部をはめるのは、気圧の安定した日を選ぶとか。

昔の人が「ダシの風が吹くと偏頭痛がする」という、ダシの風も、気圧が低い時の風のこと。

それが分かると少し気持ちも楽になりませんか。




0
  • しおりをはさむ
  • 9
  • 3
/ 110ページ
このページを編集する