いつもアナタの側に居る愛しい妖精達

  /白鳥の精



幼い頃見た絵本に載っていた、花を背負う白鳥の挿し絵を懐かしく思い出し、描いてみました。

白鳥は本当に美しい姿をしていますね。
でも水の下では、水上で過ごすためにせっせとその逞しい足を動かしている。
水面上の高貴で美しく繊細な姿とは似ても似つかない逞しさだそうです。

人も、美を保つ為には努力が必要です。
白鳥が美を意識しているとは思えませんが(笑)、何事にも見えない努力が必要なことは確かです。

私など、努力したくないから美を諦めるというタイプですが。(爆笑)

0
  • しおりをはさむ
  • 9
  • 3
/ 109ページ
このページを編集する