いつもアナタの側に居る愛しい妖精達

  /晩秋の精



晩秋に別れを告げて、冬の風を呼ぶ彼女。
短い時間、彼女は精一杯晩秋を染め上げます。
色鮮やかな世界とはまた一味違う、詫び錆びに似た渋いモノトーンな晩秋を。

また来年の秋、彼女の到来を待ちましょう。

皆様、良いお年を御迎え下さいませ。





0
  • しおりをはさむ
  • 9
  • 3
/ 109ページ
このページを編集する