画集 季節の花とそのイメージ

夏の花 /茜(あかね)



「茜」(あかね)

花言葉 : 「私を思って」「媚び」「誹謗」「傷」 「不信」

茜色と言うと、夕焼けの空の色、つまり深い赤を連想しますが、茜の花色は白や淡黄緑です。
なのに何故赤を茜色と言うのでしょう?
実は、茜の根が赤い染料になるからだそうです。
根を乾燥させると黄色、それを煮出すと赤になるとか。
落ち着いた深い茜色はとても好きな色です。

★順番や花言葉などはネット調べです。

0
  • しおりをはさむ
  • 8
  • 3
/ 6ページ
このページを編集する