殺戮の迷宮【長編完結】

格清秀康
ホラー 224ページ(完結) 116379字 更新日 2016/06/05 読者 1968人 公開 0 0

他に類を見ない大財閥、雑賀一族。

ある日、『一族を皆殺しにする』と言った悪魔からの殺人予告のメッセージが送られてきた。

メッセージ通りに、雑賀一族の者が次々と処刑されていく。

しかも、極めて残酷な殺人方法で……。

果たして、凶悪無惨な残酷極まりない連続殺人を、食い止めることができるのであろうか。

地獄の処刑人とは、一体誰なのか?

人間なのか?あるいは……?

謎が謎を呼び、恐怖が恐怖を呼ぶストーリー展開。

ヒデが贈る、史上最恐のショッキングミステリーホラー。

【警告】
この作品には極めて残酷な殺人シーンが、次々と容赦なく登場します。苦手な方はスルーして下さい。また、読まれる方もトラウマになる可能性があるので、ご注意下さい。自己責任でお願いします。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 4
  • 16
このページを編集する