線 香 花 火

am
ノンフィクション・実話 262ページ(完結) 50684字 更新日 2013/01/10 読者 579862人 公開 0 0






花火でたとえるのなら

あなたは打ち上げ花火


感動も喜びも

胸の高鳴りも

そして寂しさも

切なさも全て一瞬




私は小さくても弱くても

あなたの炎を大切に…

大切に守って

輝きを取り戻す


消えそうで消えない


でもあなたが居ないと

燃え尽きる前に



涙がポトンと落ちる

儚くもろい

線 香 花 火



この話は親友の話をもとに書いています。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1427
  • 219
このページを編集する