線 香 花 火

Night town


タクシーを降りると

そこは別世界。


12時を回っているというのに、街は

人!人!人!

今が夜だとは思えない。


この人だかりに由佳は慣れていたのね。

だからさっきの街は人が少ないって言ってたんだ。


このたくさんの人達はどこに行くんだろう。

私達くらいの子もたくさん居る。


「とりあえず歌舞伎町行こっ」

由佳の顔が生き生きしていた。

新宿の街を熟知してるかのように歩き出す由佳に、私はただついて行く。


初夜遊び、初クラブ…

そして、初歌舞伎町


興奮を通り越して何も考えられない。毎日の嫌な事も全て消し去ってくれてるよう。


10分位歩くと…

【歌舞伎町】

のアーケードが私達を出迎えてくれた。

0
  • しおりをはさむ
  • 1427
  • 215
/ 262ページ
このページを編集する