チンカルボー 上【完】


「あぁ!聞いてよ~昨日動物園の帰り私寝ちゃって、着いた時起こされて部屋入ったら寿司とケンタが!!」

「え?どーゆー事?」

「私が寝てる間買ったみたい。今からご飯作るの大変でしょって」

「へー…」

「嬉しすぎて感激しちゃったよ~」

「……」


「それと祭りの日の夜一緒に晩酌してたんだけど、冗談で私が浮気疑ったらかなりびびってて」

「それで!?」

「んで冗談だよって言ったら安心して泣いちゃったんだよね~」

「泣いたの!?なんで?」

「私が好きなんじゃない?」

冗談まじりに言った。


みかはふてくされた顔してて

「…ほんとにしてるんじゃん?」

「してるわけないないw」

「してなきゃびびんないじゃん!」

「私がいきなり言ったからびっくりしたんだと」

「そんなの信じんの?私だったら絶対信じれないよ!」

「まぁうちらの仲だからね~」

0
  • しおりをはさむ
  • 33835
  • 215
/ 427ページ
このページを編集する