チンカルボー 上【完】

ゲリオ


私はみかの誕生日の3日前から、竜也のご飯に下剤を砕いて入れた。


次の日の夜お腹の調子が悪いと言っていた。


前日も早くに帰ってきて、早々に寝込んでいた。



それでも私は下剤を入れ続けた。



朝もお弁当も夜も。

0
  • しおりをはさむ
  • 33836
  • 218
/ 427ページ
このページを編集する