チンカルボー 上【完】


14日バレンタイン当日。

私は毎年朝に渡しているから、竜也は期待した顔でまだかまだかと待っていた。


仕事に行く時間になり玄関に見送りに行く。

「いってらっしゃい」

「……まりちゃん」

「何?」

「なんか忘れてない…?」

「ん?あぁ!ちょっと待って」

ホッとしてニヤニヤ待つ竜也。


「ほい」

「え?」

「はいよ。」

「は?…これ?」

0
  • しおりをはさむ
  • 33835
  • 215
/ 427ページ
このページを編集する