チンカルボー 上【完】

チンカルボー


それから布団に入った後、不安そうな顔で竜也がこっちを見て言った。

「ほんとにもう疑ってない?」

「うん」

私は天井を見たまま答えた。


「よかった…」

ふぅ~、と息を吐いた竜也。


「ひとつ聞いていい?」

「うん」

なんでもどうぞ。

「あの…あのさ、


チンカルボって何?」

「ブホォッ!!!」

吹いたwwwww

「あれ?
チンカルボー?」

やめろwww黙れwww

「言ってなかった?チンカルボって」

言ったか…?私…。

いや言ってないはずだwww

0
  • しおりをはさむ
  • 33839
  • 221
/ 427ページ
このページを編集する