チンカルボー 上【完】

サクセンA 3


それから私はお風呂に入り、軽く化粧をしてご飯を作った。

普通にお客さんが来る時となんら変わりない。


5時頃、車の音がした。


カーテン越しに駐車場を見てみると、みかの車だった。

時間通りだと思ったが降りてくる気配は無い。


何してんだと思い、様子を見ていた。


5時半過ぎ、駐車場に竜也の車が入ってきた。

竜也が降りるとみかも降りて、みかは驚いたような素振りをして偶然を装い竜也の元に駆け寄っていった。


だんだん話声が近付いてきて、ちょうど玄関手前ほどで一瞬で声がやみ、ガチャっとドアが開いた。

0
  • しおりをはさむ
  • 33832
  • 214
/ 427ページ
このページを編集する