チンカルボー 下【完】

カトー


家に帰ると海は起きて、私は手が痛い為お父さんがお風呂に入れてくれた。

病院に行ってから入ろうと思った。


その間、リビングで母と話す。


「シップある?」

「冷蔵庫」

「へい」

「ちょっと剥がしたら見せて」

「ほい」


シップをはがしてみるとさらに変色して腫れていた。

それを母に見せると、

「うわ!な、何これ!どうしたらこんなんなるの!?」

「だからジャンピングショット」

「…だめだ。病院行くよ」

「え?今!?」

「そうよ。そんなのほっといておかしくなったら大変でしょ。どうすんのよ動かなかったりしたら。電話して救急で見てもらうよ」

0
  • しおりをはさむ
  • 26453
  • 214
/ 435ページ
このページを編集する