ルルの大冒険

序章

 初夏の日は長い、まもなく7時なろうという時刻なのに、

まだ真昼のように明るい。

気温は30度を超えているだろう。

今年は梅雨に入ってからは、殆ど雨が降らない。

そのせいか気温が高くても湿度が低くて、

朝晩はかなり涼しい。

 

その暑い日差しの中を一人の女が、

自転車を懸命にこいでいる。

名前を山本彩と言う。

可成り急いでいるようだ。

額からは玉の汗が流れ、汗が目に入り痛い。

それを手で拭い、走り続ける。

家に早く帰らなくては、そんな思いで、

彼女は急いでいる。

 

家には、子犬が彼女を待っている。

今年の一月 に、飼い始めたマルチーズのルルだ。

 

今月で8ヶ月になる。

大分大きくはなってきたが、

大人になるにはまだ 少し時間がかかる。

 

エアコンはつけていないので、

家の中は可成り 暑くなっているかもしれない。

締め切っているわけではないが、

開けておいても大丈夫そう窓は開けてあるので、

それ程室温が高くはなっていないかもしれない。  

保冷材をタオルに包んで玄関に置いてあるので

子犬は何時も、その上で横になっている。

0
  • しおりをはさむ
  • 14
  • 1
/ 127ページ
このページを編集する