ひーやんさんの作品一覧

雨の匂い

ひーやん
4ページ(連載中) 6707字 更新日 2018/08/11 読者 46人 公開

私が一番辛い時に、私を助けてくれたひと。 でも私はあの人が一番辛い時に、追い詰めて…傷付けて、失った。 ねえ、貴方は私との日々に後悔してますか?

放浪の花嫁

ひーやん
48ページ(連載中) 89005字 更新日 2019/01/19 読者 1020人 公開

私、樹と亨は幼馴染で何をするにも一緒だった。 それが当然だと思ってた。 だから気付くのが遅れてしまった。 ねえ、まだ…貴方の心に間に合いますか?

未来からの手紙

ひーやん
20ページ(完結) 35367字 更新日 2015/08/30 読者 70人 公開

あの日…未来から届いた手紙は確かに私を勇気ずけ、貴方へと続く道筋を魅せてくれた。 ねえ、もう一度私を抱きしめて欲しい……其のために…。

君の僕

ひーやん
10ページ(連載中) 17769字 更新日 2018/07/19 読者 290人 公開

子供の頃は母にも必要とされない存在だった。 唯一僕必要としてくれたのは…心優しい鬼。 でも彼女は過去に行ってしまった。 無くせないから、だから僕は過去に行く。

第18回ビーンズ小説大賞

捨て猫の居候

ひーやん
196ページ(完結) 134568字 更新日 2016/04/22 読者 3045人 公開

小学生並みの経験しか知らない妖怪猫娘が堅物高校生に出会った事で、恋を知り女の子として成長していく

アウトキャスト

ひーやん
55ページ(完結) 30687字 更新日 2014/09/15 読者 222人 公開

私が好きな人は男の人が好きでした…。 でも、自分の気持ちに気付けば…私の本当に好きなの人は…姉だった。 【私のファーストキスは、お姉ちゃんでした】

第18回ビーンズ小説大賞

猫とキツネの物語

ひーやん
204ページ(完結) 128157字 更新日 2014/08/11 読者 1206人 公開

私は人間では有りません。 私が愛した人も人間では有りませんが、人間として生きてきました。 アノトキマデハ…

妄想ノート

ひーやん
80ページ(完結) 58222字 更新日 2018/04/14 読者 449人 公開

岡元文佳の趣味は通称【妄想ノート】を書くことだった。 煩悩丸出しの妄想ノートを売れない小説家、三井藤哉に拾われた事から二人の日々が始まった。

このページを編集する