5人の王子と氷姫 ー悪魔の爪跡ー


「ありがと」

と、僕は小声で言った。


「なんで礼をいうんだ?」

マックが驚いて聞いた。


「えっと、、」

「マックのおかげで、免疫がついたっていうか、、」

「相手にドキドキしても冷静でいられるようになったていうか、、」

「それに、自信も付いた」

「僕はマックが手を出したいくらい綺麗なんだって事」


マックは、今さら何言ってんだって、呆れた。

僕は笑った。


そして、思ったんだ。

きっと、マックは変わらないだろう。

世の中には、たくさんの種類の花があるように、

綺麗な人は、無数にいる。

マックはそのなかから、花でも摘むように、

生きていくんだろうなって、、

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 5
/ 299ページ
このページを編集する