5人の王子と氷姫 ー悪魔の爪跡ー

僕らは、アリスを心配するくらい、ケルも心配だった。


明るく笑うケルの顔が浮かんだ。


あのくったくのない笑顔が暗く沈んでしまうんじゃないかって、、、


アリスのように、、、



この騒動と、東京で起きた殺人事件のため、山上さんが計画していたアリスの僕らの夏のコンサート出演は取りやめになった。


夏が来て、僕たちは、世界中をコンサートツアーでまわったんだ。



忙しい毎日だったけど、アリスとケルのことはずっと気がかりだった。


ケイは、時々、山上さんに電話して二人の様子を聞いていた。


ケルは、身を潜めているんだって、、


それも、アリスの自宅で、、、


アリスと一緒に、引きこもりの生活をしているそうだ。



それから、もうひとつ、ニュース。



ケルはアリスと同じく僕たちの事務所とタレント契約したって、



アリスのおかげで、僕たちの知名度は上がり、その上、男性ファンがかなり増えた。


とくに、、、、


僕の、、、、、


言っておくけど、僕はゲイじゃないからね!



そのせいかどうか、僕が女装して歌うことが、多くなった。



マックとのデゥエットは、ファンを喜ばせたんだ。


マック、、チョーかっこいいんだ。


セクシーに決めて、、


僕もセクシー系のメイクと衣装で、踊るんだけど、、、


最後のコンサートのとき、

マックがまじ、僕にキスしやがった!!!!


ラストに二人で顔を見合わせんだけど、

その時、僕の腰をぐっと引き寄せて、

キス!!!


もう、会場のファンは絶叫してたよ。


「マック!! なにするんだよ!!!」

出番が終わったときに、僕はマックにつかみかかった。


「だって、お前、すげー綺麗」

って、マジで言うんだ。


もう、この人は、綺麗なら、男も女も見境ないんだ。


僕らの、このシーンはあっという間にネットで流れ、話題を呼んだんだ。


僕とマックはできてるって、、


悲しすぎる、、、、、


アリスが見ていないことを祈るのみだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 5
/ 299ページ
このページを編集する