5人の王子と氷姫 ー悪魔の爪跡ー

第十一章 韓国へ

僕たちは、夏が終わって、新曲と次のアルバム作成に入った。


アリスとケルは、今、僕たちと同じく、ソウルに住んでいる。


うちの社長じきじきに、二人のために、マンションを購入したんだ。

 


清潭洞の高級マンション!

セキュリティーもバッチリ。

ここには、ほかの凄い有名人が多々住んでいるんだ。

歌手もだけど、

俳優とか、

サッカー選手、

野球選手、

政治家、

有名ヘアメイク、、SJだよ!

下のほうの階って聞いてるけど、どこだか知らない。

って、僕たちの宿舎もここ。


同じフロアのお隣さんだ。

ラッキーなことに、隣が売りにでたので、社長が買ったんだ。


未成年なので、マネージャーのキム・ミギョン女史も一緒に住んでるんだ。

彼女は、いまだに独身だし。


これいうと、怒鳴られるんだけどね。


会社には、ミギョン女史が送っていってる。



二人が、来たとき、僕たちが挨拶に行った。

ほんとに二人とも髪をバッサリ切ってた。


ショートにしてもアリスはかわいさ爆発だ。

ジーンズにポロシャツで、めちゃくちゃかわいい男の子になってた。


ケルは……

前髪が片目を覆うくらいにしたショートで

めがねをかけてた。

インテリって感じのイケメンに変身していたんだ。



僕らを見ると、ミギョン女史が、

「さっさと、帰んなさい!」

「ケイ!、新曲できたわけ?」

「他に入れるアルバム曲は?」

「マック、ステージ衣装考えてるの?」

「ショーン、ボイトレは?」

「ジェイ、あんたは振り付け考えなさいよ」

「ジョン、筋トレしなさい!」

っていって追い出された。

会わせてくれないんだ。


アリスに。


ケルの他に、もうひとり最強の番犬が僕たちの前にはだかったんだ。


まあ、ダンスレッスン室で会えるかな、って期待してるんだけど。

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 5
/ 299ページ
このページを編集する