その命が儚く消えるまで

華菜-かな-
恋愛 17ページ(連載中) 5188字 更新日 2018/10/01 読者 629人 公開 0 0

私の生まれ持ったものなんて、
弱い体とお嬢様の身分しかなかった。







心のどこかでは、
いろんなものを与えて欲しかったと思っていた。







でもあなたと出会うまでは、全てを諦めていた。







あなたと出会ってから、私の世界は色を変えていった。







ありがとう。







そして……………







さようなら。








神城茉亜耶 Kamishiro Maya




×




佐藤裕樹 Sato Yuki







俺も茉耶に出会えて、良かった。












初めての作品です。









至らない点があるかと思いますが、
よろしくお願いします。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 4
  • 1
このページを編集する