カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /特別な歌





「絡み合った指先と〜♪」





燦々と日差しが降り注ぐ教室の窓辺から、不意に口ずさんだメロディーが、外へと流れ行く風の波に乗っていく。






ーーここは。

とある私立高校の普通科の二年二組の教室。


不揃いに踏みつけられる落ち葉が合唱のフィナーレを迎えようとしていた、11月上旬のある日。


昼休みに教室の窓辺でボンヤリと昼空の景色を瞳に映し出していた私が、頬杖をついて機嫌よく思い出の曲を口ずさんでいると…。


同じく隣で空を見つめていた親友の菜乃花が、横からグイグイと私の腕を肘で突いた。



「またその曲?カラオケにすら入っていないマイナーな曲じゃん」

「つい口ずさむのがクセになっちゃっていて。小学生の時に通っていた声楽教室の先生が作詞作曲した歌だから、もう記憶を頼りに歌ってないと忘れちゃう気がして」



…と、私は少し呆れ気味の菜乃花に、いつもと同じ言い訳をする。


この曲は私にとって最も特別な曲だから、初めてこの歌を聴いた人にはピンとこない。

菜乃花もそのうちの一人だった。


耳障りがよく滑らかに奏でるメロディのこの曲は、心に染み入るくらい名曲なのに。

隣で何度も聴いてる菜乃花には、残念ながら一切興味がないようだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する