カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /★マークの書かれた上履き




声が印象的で謎ばかりが残るカーテン越しの彼に出会ってから、およそ二週間後。



朝から地味に痛む頭痛に悩まされた私は、午前中の休み時間を使い、保健室を訪れる事になった。



「先生、頭痛がひどいので横になってもいいですか」



今回で二度目となる保健室。

足を踏み入れるなり自然と目が彼の姿を探したのは、あの日の記憶が根強く残ったから。



部屋の奥のベッドのカーテンが閉まってるのを横目で見た私は、今日も彼は保健室に来てるのではと軽く脳裏を過ぎった。



養護教諭から手渡された書類には、あの日と同様名前欄には再び★マーク一つだけが書かれていた。


窓から差し込む風で肩までの短い髪を軽く靡かせた紗南は、ベッドに向かってる最中に隣の床に揃えてある★マークの上履きを見て、隣のベッドに眠るのが彼だと確信した。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する