カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /素直な彼

一度会話を交わした事により彼に親近感が湧いた紗南は、先生が部屋から居なくなった隙を狙って、前回同様カーテン越しから彼に声をかけた。



「あの…、先日ここで★マークについて質問した者ですけど、私の事を覚えていますか?今日も質問したいんですけど、★さんって芸能科なんですか?」

「…え、またあんたが来たの?これ以上質問しないって、あの時俺と約束しただろ」



あの日と同様。
急な私からの質問に、隣からぶっきらぼうな返事が響いた。


私は彼特有の声を再び聞けた事に、不思議と目元が緩んだ。

まだ彼の顔も知らないのに…。



「あの約束は、あの日限りです」

「なっ……」


「でも、ベッドサイドから、ベージュ色のブレザー見えていますよ」

「マジか?!」



ガバッと起き上がって服が擦れるような焦る音は、多分私に指摘されて制服をカーテンの向こう側に隠したような音だと思われる。


ちゃんとベッドに寝ているのなら、ベッドサイドからブレザーなんて見える訳ないのに。

単にカマをかけただけなのに…。
なぁんか、かわいい。


あまりにも素直な行動を取る彼に、可笑しく思った。



「ふふっ、嘘ですよ。でも、あなたの態度で芸能科って事がバレバレ」

「…マジで、冗談とかやめてくんねー?」



軽く冗談を言ったら、彼とは会話のキャッチボールに繋がりそうだったので、前回途中だった話を続けた。



「上履きと書類を★マークにしたのは、ひょっとして名字が星とか」

「ブーッ。ほしじゃない、セイ。いっせいのせいのセイ」



彼は秘密主義者と思いきや、案外素直に質問に答えてくれる。



「いっせーのせっのセイ?そんな名称のアイドルグループ名なんですか?私、芸能人にはちょっと疎くて…」

「うわっ、そんなダサいグループ名あるかよ。まぁ、別にいいや。……ゴホッゴホッ」


「あれ、セイくん風邪引いてるの?」

「昨日は仕事がハードだったから、今朝から喉の調子が悪い」


「いま飴持ってるけど、いる?」

「飴を持ってるなら、ちょーだい」



セイくん本人の口から仕事って言ってたから、やっぱり芸能人なんだね。

調子が悪いとはいえ、セイくんの声は何度聞いても耳に残るような素敵な声の持ち主である。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する