カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /繋がり合う思い出




教室に戻るセイに付き添った養護教諭は、ほんの僅かな二人の会話を耳にしていた。



「さっきの彼女と友達になったの?」

「いや、彼女とは元々友達だった」



先生にその一言だけを口にしたセイは、紗南が語った思い出と、自分の思い出を重ね合わせた。


声楽教室。
星型の飴と。
大雪の日の再会の約束。



彼女が再会を願ってる人は自分に違いない。


セイは何も知らない紗南よりも先に、既に自分達が再会していた事に気付いた。



紗南が語った思い出は、セイにとっても色褪せない思い出であり、互いの大切な思い出同士は、未だにしっかり繋がり合っている。





彼女に渡した星型の飴は、自分の名前の一星の一文字であるように、昔から星の形が好きだった事にある。


歌が思うように歌えなくて、悔し涙を浮かべていた好きな子に笑顔になって欲しいから、いつも欠かさず鞄の中に飴を入れて持ち歩いていたのは紛れもない事実である。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する