カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /ミーハーな菜乃花

「紗南から毎日のように同じ歌を聴き続けているから、私まで歌を覚えちゃうよ」

「良かったら、一緒にハモる?」


「その歌に興味なし」

「じゃー、菜乃花は何に興味があるの?」


「えへへ。私が興味があるのはあっちかな」



そう言った彼女が窓の外へと伸ばした指先が向かったその先は、多数の芸能人が通う芸能科が入っている同校の西校舎。



「芸能科のアイドル君たちかなぁ」

「また、そっち〜?」


「だってぇ。芸能科には私が好きなアイドルグループの《Beans》のハルくんが通ってるから」

「普通科と芸能科は校門すら違うから、まだ一度も校内で会えていないでしょ」


「いつかは会えるかもよ。同じ校舎の空気吸ってるんだもん」

「無理無理。芸能科への入り口がシャットアウトされているし、先生達の見張りが厳しいでしょ」


「いーやっ。何とかして卒業前までには、絶対ハルくんの彼女になる」

「同じ高校なのに出会えるチャンスがないから、菜乃花のその夢は多分叶いそうにないよ…」



ミーハーな菜乃花は、芸能科に通うハルくんの熱狂的な大ファン。


耳にイヤホンが付いてる時は、《Beans》の曲を聴いてる証拠。

CD、DVD、グッズや雑誌の切り抜きなど。
ハルくんに纏わるものは全て集めているほどの、熱狂的なオタクっぷり。


だからこそ、休み時間になる度に教室の窓から顔を覗かせ、ハルくんの行方を探している。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する