カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /For you




「失礼しまーす。先生、今日も貧血気味で…」



保健室に到着して部屋の中に入ると、今日もいつもと同じく部屋の左奥側のベッドのカーテンが閉まっていた。


私の到着にまたかと言った先生の曇ったような表情が、私を保健室の常連生徒と位置づけていた。


先生から受け取った記録表には、前回同様今日も星マークが書かれていた。
記録表には、いつしかセイくんと私の名前が連なり始めた。





先生が席を外した隙をみて、すかさずカーテン越しの彼に話しかけた。



「ねぇ、セイくん。起きてる?」



外からの光が差して風で靡くカーテン側に、私が来た事を彼に知らせるように声をかけても、彼からの返事は届かない。


静か…。
セイくん、具合が悪くて寝てるのかな。

今日はセイくんの声が聞きたかったのに。



紗南は少し残念に思いながら、無意識のうちにいつもの思い出の歌を口ずさみ始めた。




「絡み合った指先と〜♪ 二人見つめ合った笑顔と〜♪ 思い出は色褪せる事なく 今も胸に刻まれてる〜♪」



無意識とはいえ、寝てる彼を気遣いカーテンから漏れないくらい小さな声で歌った。


すると、次の瞬間。



「……その歌。俺、知ってる」



さっきまで寝息一つすらしなかったセイくんの声が、カーテン越しから私の耳に届いた。


予想外のセイくんのひと言に、ふと驚きの声が漏れた。



「えっ…」

「それ、《For you》って曲だろ」



紗南の歌に反応したセイは、ゆっくりベッドから身体を起こした。


ベッドを囲むカーテンは風でふわりと揺れ靡かせ、床に揃えられている紗南の上履きが見え隠れしているのが、ベッドに腰を落としたセイの視界に飛び込んだ。



先日、紗南の存在が明らかとなったばかりのセイは、六年ぶりの懐かしい曲に感極まり、深く唇を噛み締め目元を細く緩ませた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する