カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /高鳴る胸の鼓動

セイくんのステキな歌を聴き終えると、私は素直な感想を伝えた。



「透き通った歌声だね。聞き惚れちゃうくらい素敵」

「あのさ…、鼻をすすっているように聞こえるけど。…ひょっとして、泣いてんの?」


「うん、一度涙が出たら止まらなくなっちゃった。セイくんって歌手?本当に歌が上手いよ」

「そう?サンキュー」



意外だった。
歌の教室の先生が作詞作曲したのに、まさかセイくんがこの曲を知ってるだなんて。

実は、結構有名な曲なのかなぁ。



「あんたさぁ、結構鈍いんだな」

「…え?いま何て?」


「いや、こっちの話」

「実は好きな人に再会したら、彼とこの曲を一緒に歌いたかったの」


「へぇー。俺で良ければ、いま一緒に歌うけど」

「いくらセイくんがこの曲を知ってるからって、それだけは譲れない。思い出は大事にしたいの。それに、私の話ばかりじゃなくて、今度はセイくんの話が聞きたいな。好きな人の話とか」


「まさか、俺の情報を売って金にするつもり?あんたって意外とズル賢いんだな。」

「違うよ…。まだセイくんの顔も知らないのに」


「はは、嘘だよ。いま音楽プレイヤー持ってるけど、良かったら聴く?」

「うん、聴く」



セイくんは自分の事を話さない。
芸能人だから個人情報を守るのは当たり前か。



飴を渡した日と同じく、カーテンの下から手が伸びるような音がした。

もう自分側のカーテンを開けなくても、手を伸ばすだけで彼から物が受け取れる。



その瞬間。

互いの指先同士が触れたと同時に、胸がドキドキと高鳴った。

私達、お互いの顔さえ知らないのに。



「これ、洋楽のR&B?」

「そう、昔から好き。さっき歌ったら喉乾いたから、あの星型の飴ちょうだい」


「いいよ。カーテンの下から受け取ってね」



養護教諭の不在時にだけ交わされる秘密の会話に胸が弾む。


謎めいた彼との狭い世界の特別な時間。
彼の事をよく知らないのに。



ただ、今セイくんに関してわかってる事は。

温かい指先と、星型の飴が好きな事と、星マークの理由と、R&Bが好きな事。


それに、セイくんは歌手であり、透き通った聴き心地の良い歌声を持つ事だけ。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する