カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /小さな願い




カレンダーが進む毎にコートの出番が増え、予防としてマスクを着用する人が増え始めてきた、12月の初旬。



場所はビジネス街のビルの地下にある、スチール撮影専用のスタジオ。

そして、今のセイは雑誌撮影の出番待ち。


スタジオで試し撮りをしているカメラのシャッター音が、隣接した楽屋内にいるセイの耳にも響き渡る。



鏡台の椅子に腰を下ろして雑誌を手に持ち、瞼を軽く落とした姿を鏡に映したセイは、専属マネージャーの冴木にポツリと今の願いを伝えた。



「冴木さん。これから先、俺の仕事を少しセーブしてくれない?」



すると、セイの背後で携帯を触っていた冴木がそのセリフを耳にすると、つり上がった目線が鏡越しにセイに向けた。



「セイ。なに言ってるの?あなたは売れっ子なのよ。あなたの歌声を待ってるファンがたくさんいるの。それに、あなたは一人で歌手活動してる訳じゃないのよ。デュオのジュンに迷惑がかかるじゃない」

「…わかってる。既に組まれてるスケジュールは仕方ないし、歌番組やスチール撮影はジュンに迷惑かかるから行くけど……。海外とか行って平日にかかるような仕事は、これからなるべく入れないで」


「急に仕事をセーブしたいだなんてどうしたの?何か仕事を休みたい理由でもあるの?」



いま以上のセイの成功を願う冴木は、デュオとしてブレイクしたセイの無茶な相談に頭を悩ませた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する