カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /辿り着けない相手




「上履きに星マークがあるんだったら、放課後に芸能科の下駄箱を探しに行ってみる?セイくんのクラスくらい分かるんじゃないかな?」



最近、二言目にはセイくんの名を呼ぶようになっていた私の気持ちに薄々気づき始めた菜乃花は、不思議と協力的だった。



「でも、芸能科の校舎に侵入したら、ブレザーの色で先生達にバレちゃうよ」

「ここは思い切って、ブレザーを脱いで西門側から芸能科に侵入しよう」


「え!セイくんのクラスを知る為に、そこまで危険を冒すの?ダメだよ。それたな、もう季節は冬だし、ブレザー無しじゃ寒くて私達風邪を引いちゃうよ」

「私もハルくんの上履き探しに行きたい」



菜乃花がやたらに私に協力的だったのは、どうやら自分の欲深さも関係してるようだ。






菜乃花の作戦通り、私達は放課後に西門から芸能科の校舎に侵入した。


しかし、芸能科は補習授業が行われてるせいか、放課後になっても下駄箱には靴が沢山入ってる。


目を凝らして頑張って上履きを探しても、セイくんの上履きが見つからないのは、セイくんがまだ校舎にいる証。


彼はいま間違いなく、この校舎の何処かで授業を受けている。


私と同様、菜乃花もハルくんの上履きが見つからずに、ガッカリと肩を落としている。



普段、芸能科の校舎には入れないから、気軽にセイくんを探しに行けない。


セイくんはいつも近くにいるのに、芸能科は情報がシャットアウトされてるから、会いたくてもなかなか本人まで辿り着けないのが現状である。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する