カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /すれ違った彼




十二月中旬のある日。

教室近くの廊下で視聴覚室に忘れ物をした菜乃花に付き添う為に、先ほどまで授業を行っていた視聴覚室に一緒に戻った。


机の上に置き忘れていた筆箱を手に取り、二人は誰もいない視聴覚室を後にした。


次の授業の開始時刻まで残り三分。
ここから時間とのにらめっこが始まった。



…すると。

次の授業が始まる直前だったせいか、滅多にお目にかかれない西校舎の芸能科の生徒達が、これから視聴覚室に向かうところを、廊下で運良くすれ違う事になった。


煌めく芸能科の生徒に気を取られたミーハーな菜乃花の興奮度はMAXである。

すれ違う生徒達をなぞるように目で追い、この中にいるかどうか分からないハルくんの姿を必死に探している。



しかし、次の授業の開始時刻まで残り二分を切った為、ハルくん一色に染まっていた菜乃花の腕を強引に引っ張った。



「菜乃花〜、芸能科の生徒を眺めてないで早く行こ」

「あとちょっと待ってだけ。一世一代かもしれないこの大チャンスを、簡単に逃したくないわ」


「何言ってるのよ。もう、ダメったら…。次の授業まで間に合わなくなっちゃう」



自分達の教室までは結構距離がある。
筆箱を取りに行っただけでも戻り時間がギリギリのに、こんなところで足止めを食らってる場合ではない。


手元の腕時計と菜乃花の顔を目で往復した私は、普通科の校舎の方へ菜乃花を引っ張り歩いていると、前から男子の集団がやって来た。



「セイ、延期になったジャケ撮りの日決まったの?」

「んー。来年初旬になった」



今、自分達がすれ違ったばかりの団体の中から、セイくんの名を呼ぶ友達の声と、聞き慣れていた声のセイくんの会話がふと耳に届いた。



その瞬間…。

セイの声に過敏に反応した紗南は、トクンと大きく胸の鼓動を打った。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する