カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /団体の中の一人

セイの存在に気付いた紗南は、団体の方へ勢いよく振り返ってみたが。

後ろ姿だけじゃ、この中の誰がセイ本人なのかがわからない。



私がどんなにセイくんに会いたくても、いつも保健室のベッドを囲むカーテンが閉まってるから…。

例え廊下ですれ違っても。

どれくらいの背丈なのか。
どんな顔でどんな風貌なのか。


彼について何も知らない私には、残念ながら彼を見つける事が出来ない。



…そうだ!

星マークが書いてある上履きを足元から見つければいいんだ。

今は校内でセイくんを発見するチャンスなのかもしれない。



小さな期待に胸を躍らせた紗南は、団体の足元へと目線を落とし、一人一人の上履きを目でなぞった。




すると…。

不揃いに足を進ませる団体の足元から、運良くセイの上履きを発見。

喜ぶあまりに、紗南は胸を打つ鼓動が早まっていき、目線を足元から上に徐々に辿っていくと。




セイは友達にも大事にされてるかのように、他の男子の中心に囲まれるように歩いていた。


だから、結局セイを見付ける事が出来ても、他の男子の背中に視界が阻まれてしまって、セイの後ろ姿しか見る事が出来なかった。



身長は175センチくらい。
茶髪の今風の小顔に見える、トップにボリュームを持たせたスタイリングである。


その瞬間、紗南はほんの少しだけ実物のセイを知り、小さな進歩に瞳を潤ませた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する