カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /久しぶりのセイくん




それは、寒さの厳しさを増す二月上旬を迎えた、ある日。


今日はニュースにもなるくらい、数年ぶりに大雪が降った。




銀世界に囲まれ、降り積もる雪で足を取られつつも何とか学校に到着した紗南だが、今朝から少し熱っぽく風邪気味だった。


紗南は体調不良により授業に身が入らずにいたので、二時間目に入る直前に保健室に向かった。





…すると。

扉を開けて保健室を覗く紗南の目に一番に飛び込んだ光景は。

奥側のベッドの閉ざされたカーテンと。
床に置かれた★のマークの上履きだった。



先生から手渡された手元の記録表には以前と同様、名前欄のみに★マークが書かれていた。



セイくんが今この保健室にいる。



紗南は記録表と★マークの書かれている上履きが頼りとなって彼がすぐ傍にいる実感が湧き、感激するあまりに瞳にジワリと涙を滲ませた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する